大学デビューと同時にクラブデビュー!モテたい!上京して友達がいなくても困らない!

大学生に人気のクラブ!(CLUB初心者)

今夜のクラブクーポン

口コミ・ゲストクーポン・ディスカウント

上京(大阪・名古屋・札幌等)でも同義!クラブに行こう!メリットがたくさん!

 

・イケメン友達の友達が出来るチャンス
・かわいい女子と友達になれるチャンス
・流行の音楽やファッションに敏感になる可能性

 

チャンスと可能性と強調して記載があるのは本人の努力とポテンシャル次第です。

大学生に人気のクラブ

東京の大学生に人気のクラブ

V2 TOKYO(旧VANITY)や、TK渋谷、ELE TOKYO、DIA TOKYO、VILLA TOKYO、ラピス銀座、ATOM渋谷、エーライフ、MAHARAJA、ESPRIT TOKYO、MUSE、GENIUS TOKYO、CLUB DIANA、CAMELOT、VISION、ageHaあたりではないでしょうか?

大阪の大学生に人気のクラブ

BAMBI大阪やアンモナ大阪やジラフが人気で有名ですね。

大学デビューとは?地方出身の大学生の現役大学生に聞いてみました!

世間一般的なイメージでは、いまいちパッとしない田舎の高校生が進学を機に上京をした大学生のことではないでしょうか。
大学生になってサー人(サークルに入り浸ってリア充たちとパーティー三昧のイケてる大学生)に憧れるうだつ上がらない地方上京者のイメージが強い印象があります。
※私の主観ではなく出会いやナンパの聖地を放浪する地方出身の若い頃のお話や、最近友達になった都内以外の上京組の大学生の言葉からイメージを羅列してみました。
※誤解のないように言いますが決して地方出身の大学生を侮蔑する意味で書いているわけではありません。体感ですが、目立つカッコいい系の職業の人の場合半分程度が出身地を隠していますし、大体目立つカッコいい職業の人は地方出身の場合が多いです。生まれや育ちよりも大切なのはこれからだと考えてこの記事は書かれています。
行動しないとチャンスは永遠にゼロのまま気付いたら中年になります。
それはそれで悪いことではありませんが、チャンスに気付かないまま基調な若い時間を過ごすのはあまりにも勿体無いですね。

クラブが大学デビューに必要な重要パーツである理由とは?

コミュニケーションスキルがつくからです。グローバルな人種と自然に英会話すら出来るようになります。ビジネスでなければ酔えば酔うほど英語は話せるという不思議な現象もよく聞く話です。

歌手や、DJ、アーティストと呼ばれる人々でさえコミュニケーションスキルが9割です

社会人になると嫌でも誰かと接する機会が増えます。
イメージで言えば営業職などが最たる例ですが、大体の職種が全て人と人との交流で成り立っています。
コミュニケーションを取らなくて住む比較的ハードルがの低い職種は例えば警備員。一部の清掃員。一部の在宅のアフェリエイト。最も生計を立ていたり、一定水準以上のホコリを持って仕事をしている人達は何らかの形で意識の表明や意見交換なども行う必要が出てくるので例はあまりいい例では無いかもしれませんね。

生計を立てる上で常に人はだれかとコミュニケーションを取る必要があります。
それも不特定多数です。
その経験が多ければ多いほど身の振り方や蓄積された知識やスキルを上手に活かすことが出来ます。

どんなにできる人でも嫌な人(感じの悪い人)とは一緒にいたくありませんからね。

あまりありませんが、特例のような一部の人で無い限りは誰かとコミュニケーションを取るスキルが人生においてかなりの比重を持ちます。そうですね、歌手や、DJ、アーティストと呼ばれる人々でさえコミュニケーションスキルが9割といわれています。伝え方が9割です。

東京で大学デビュー!

頭にお花畑が咲いるような見出しですが、みんな同じ事を考えています。人気になりたい。売れたい。売上を立てたい。健康になりたい。モテたい。
今の自分より向上したいと思うのは自然な気持ちです。例えば上京して友達が居ないことや部活もないので居場所もない上京して友達が居ない事は気にすることではありません。サークルもパッとしないしバイト以外に行き場がない。気分が上がらなく鬱になり結果的に大学を中退するなんて話も珍しくなく、合わせる顔もないので帰る家もなく非行に走る。なんてバッドエンドは嫌ですよね。私だって楽しいほうが良いです。大学デビューするならクラブ行ってるのはモテる条件のひとつではないだろうか?新生活シーズンなのでふと、思ったことをそのまま書きました。

大学デビューの条件、東京・大阪でオシャレで知り合いや出来る友達が多いステータスについて

20代のうちに、30代のうちに出来る友達はとても大切です。主にその頃に構築された人間関係でその後の人生が決まるのではないでしょうか?シッカリとしていればどこに行ってもやっていけますが、パズドラやドラクエやFFやポケモンでもそうですが、色々な職種に特化した個性的なパーティーを組める人材はクラブには溢れています。それをステータスと言ってしまうのは冷たい印象があります。誰かを利用しようとすると必ず”自分を良いように使おうとしているな”と言う印象を持たれてしまうので無理に人脈を広げると言う考え方はあまり良いとは言えませんね。僕は私は俺は芸能人の友達だよ、と芸能人の本当の友達は言いません。困っている時はどんなときでも何も言わずに出来る限り助け合えるのが本当の仲間でありクルーではないでしょうか?それがゲームとの最大の違いです。

お友達はアクセサリーではない自分の得意分野や自分の好きを見つける事が大切

何事においてもそうですが、友達は友達です。人は人です。しかしながらスペックの高い人達から学ぶ事は大いにあります。所作の一つ一つや賢いと思われる動きや習慣や服装など。列挙すればきりがありません。

お手本にしたい人を身近に作ろう

オシャレで音楽が好きで上京したてで、大学デビューをしようとしているアナタが憧れる誰かが、きっといるはずです。それはどこでしょうか?人がたくさんいて、黙っていても最新の流行の音楽が流れて芸能人もいるクラブ。若干、自己啓発セミナー的な文体で賛否の別れそうな文体でしたが一理あるような気がしてきませんか?かなりウザめですがクラブは面白いです。

余計な事を考えなくていいので兎に角遊びに行くのは大切なことかもしれません

とても疲れている、そしてけっこうヤバいなぁと自覚がないのが一番つらいかもしれません。でもそういうときに知ってる曲が流れてお酒と音楽のパワーでツイツイお友達ができちゃったりするので、基調な大学生と言う時間をエンジョイするのには最高の場所ですね。節度を持って遊びましょう。